黄金色に浮かび上がる錦帯橋

 

[山口県岩国市]

錦帯橋[きんたいきょう]は、山口県岩国市の錦川に架かる世界的にも珍しい木造の5連のアーチ橋。
日本三名橋や日本三大奇橋に数えられ、江戸時代から変わらない伝統の架橋工法で作られている。
(昭和25年に流失)

夜間はライトアップで黄金色に浮かび上がる.

なお、夜間も通行可(通行料300円 ボックスに投入)

 

ライトアップ:錦帯橋 上流の橋より
ライトアップ:錦帯橋 鵜飼乗り場より
ライトアップ:錦帯橋 山陽道側より
ライトアップ:錦帯橋 山陽道側より
ライトアップ:錦帯橋 下流川原より
ライトアップ:錦帯橋 下流川原より
ライトアップ:錦帯橋 バスセンター前より
ライトアップ:錦帯橋 バスセンター前より

《 錦帯橋の昼間の景色はこちら 》

石積の橋脚に中央3連が迫持式[せりもちしき]といわれるアーチ構造、両端が反りを持った桁橋構造の、全長193.3メートル、幅員5.0メートルの木造の5連のアーチ橋。

 

 

 

撮影日:2018.03

撮影場所:錦帯橋

撮影場所:上流の県道114号線の橋

 

撮影場所:山陽道側料金所

 

撮影場所:鵜飼乗り場

 

撮影場所:バスセンター前

 


 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA