岩国城の眺め

 
 

[山口県岩国市] 岩国城の天守最上階からは、錦帯橋と蛇行する錦川、奥には瀬戸内海と島々の素晴らしい景色を眺めることができる。 ロープウェイは吉香公園前の山麓駅ー山頂駅(標高約200メートルの)が約3分、天守はそこから尾根筋に沿って舗装された歩きやすい広い道で徒歩約10分。また、ほぼ並行して趣の違う山道もあり。 山麓駅に無料駐車場あり、ロープウェイは毎時15分おきに運行。

開館時間 9:00 ~ 16:45 入場は16:30まで
入館料          大人  260円
セット券(錦帯橋、ロープウエイ往復、岩国城)940円

 

 

岩国城から眺める錦帯橋
岩国城から眺める瀬戸内海
岩国城から眺める瀬戸内海
岩国城(ロープウェイ駅側)
岩国城(北側より)
岩国城ロープウェー 山頂駅
錦雲閣

  《 錦帯橋の昼間の景色はこちら 》

《 錦帯橋のライトアップの景色はこちら 》  

 

現在の岩国城の天守は、1962年 (昭和37年) に外観復元されたコンクリート造りのもので、天守内には刀剣や武具甲冑類が展示されている。 復元の際、錦帯橋からもよく見えるよう築城時の旧本丸より南側に約50m位置を変えている。 天守は建物の上部と下部の作りが異なっている少し変わった形状で、多くの江戸時代の天守が階数が高くなるほど小さくなっていく様式のため、実際に見ると何か違和感を感じる作りになっている。  

 

撮影日:2018.03

撮影場所:岩国城

 

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA