雄川の滝 コバルトブルーの滝壺 色彩が美しいと話題

[鹿児島県肝属郡南大隅町]

雄川の滝〔おがわのたき〕は、鹿児島県南大隅町にある落差46m、幅60mの滝つぼの美しい滝。
滝の上が雄川発電所の取水口になっているため普段は水量が少なく(放流時は瀑布で滝つぼが見えない。)、滝つぼも深くはない。しかし、滝壁面の岩の模様と湧き出る幾筋もの伏流水、滝つぼの透明感のあるコバルトブルーからエメラルドグリーンさらにサンドイエローへと彩る水面のグラディエーションが日本離れした印象的な美しい景観を見ることができる。

駐車場から滝の展望台までの雄川渓谷は、雄川沿に約1,200mの遊歩道がある。渓流の美しさも見所。

美しい滝つぼの『雄川の滝』
雄川の滝(鹿児島)
雄川の滝 中央付近
雄川の滝(右側)
雄川の滝(伏流水)
雄川の滝(全景)
雄川の滝(滝上部)

以前は観光ガイドにも載っていなかったが、徐々に人気が出てきた話題の絶景スポット。そのためか展望台、遊歩道の柵や舗装工事、大駐車場、トイレなど周辺を整備中(2018.02現在)

撮影日:2018.02

撮影場所:雄川の滝 展望台

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA