入道崎灯台 幻想の夜霧

[ 秋田県 男鹿市北浦入道崎 ]

入道埼灯台 [ にゅうどうさきとうだい ] は、『日本の灯台50選』に選ばれ、海に沈む夕日が美しいことでも知られる白黒の二色の縞模様が特徴の大型灯台。

【画像をクリックすると拡大表示します!】

Nyudosaki Lighthouse 2017.07

 

夜霧の入道崎灯台

 

入道崎灯台の夜景 濃霧と強風の男鹿半島

 

入道崎灯台 夜景

 

入道崎 北緯40度、経度を記した石塔

 

入道崎灯台からの眺め 霧の男鹿半島

 

《様々な入道崎の景色! を見る》

《近隣の 男鹿半島の景色! を見る》

 

入道埼灯台 [ にゅうどうさきとうだい ] は、秋田県の男鹿半島北端に位置する入道崎の突端に立つ。男鹿国定公園内。

参観灯台で、4月〜11月中旬 まで一般公開されている。 上まで螺旋階段を登って外のデッキに出ると、360度のパノラマを楽しめる。 強風が吹くとかなりスリルがある。(有料大人200円、小人無料)

北緯40度線上の日本海側にあり、太平洋側の岩手県普代村にある陸中黒埼灯台と対をなす。
そのため、経度、緯度を記した石塔(写真左の黒の石碑)がある。

灯台というと樹木に囲まれた小山の上や断崖の突端にあるイメージだが、ここは緑の草原が広がる。

本来は、海のブルー、空のスカイブルー、草原のリーフグリーン、灯台の白黒の縞模様が絶妙なコントラストとあいまって印象的な景色が広がるはずなのだが、何度訪れてもいつも霧。

 

撮影日:2017.07

撮影ポイント:入道崎灯台 付近の草原、入道崎灯台デッキ

 

 

 

 



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA