快晴の襟裳岬

[北海道 えりも町]

襟裳岬は日高山脈の標高が徐々に下がってそのまま太平洋に沈んでいく様が実感できる。
遠く2キロメートル沖まで岩礁が続く光景は感動的。さらに海面下に没してから6kmも続らしい。

平成22年8月に、アイヌ民族の精神的・聖地的に重要な場所であるとして、国指定文化財「名勝ピリカ・ノカ」襟裳岬(オンネエンルム)に指定された。

 

【各画像をクリックすると拡大表示します!】

襟裳岬の岩礁へ続く遊歩道
晴天の襟裳岬
干潮の襟裳岬
襟裳岬東側海岸線
襟裳岬の断崖
襟裳岬 干潮時の岩礁

 

撮影日:2017.10

撮影場所:襟裳岬

 

 

広大な駐車場があり観光客も多い感じではないのでのんびりした感じで雄大な景色を堪能できる。風の館を含めた公園になっており、展望台が複数箇所あり。最先端の展望台へは相当な階段を上り下りしなければならない。綺麗な公衆トイレあり。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA