夜景:鷲羽山から眺める瀬戸大橋

[岡山県倉敷市]

鷲羽山〔わしゅうざん〕は、日本初の国立公園の瀬戸内海国立公園内にある代表的な景勝地。
「日本の夕陽百選」に選定されている。

鷲羽山第一展望台(鷲羽山ビジターセンター)、鷲羽山第二展望台(鷲羽山レストハウス)ほか、標高133mの鷲羽山山頂「鍾秀峰」〔しょうしゅうほう〕(標高133m)からは、多島美と雄大な瀬戸大橋の姿が望める。 また真正面に瀬戸大橋を望めるあずまやからの眺望も圧巻。

 

【各画像をクリックすると拡大表示します!】

*あずまやから眺める

あずまやから瀬戸大橋を眺め
あずまやから瀬戸大橋を眺め

 

*鷲羽山山頂「鍾秀峰」から眺める

鍾秀峰からの瀬戸大橋を眺め

 

*鷲羽山遊歩道からの眺め

鷲羽山遊歩道からの下津井瀬戸大橋

 

*与島PAからの眺め

与島PAから南備讃瀬戸大橋

 

瀬戸大橋(せとおおはし)は、本州(岡山県倉敷市)と四国(香川県坂出市)の瀬戸内海を渡す道路・鉄道併用橋の6の橋の総称。
本州四国連絡橋3ルートの内の一つで、昭和63年に最初に開通した。吊橋、斜張橋、トラス橋など世界最大級の橋梁が連なる姿は壮観。6橋で道路37.3km、鉄道32.4kmで、海峡部9.4kmになる。上部が自動車道路と下部に鉄道の2段構造になっていて、南備讃瀬戸大橋は世界最大級の道路・鉄道併用橋。

岡山県(本州)側

下津井瀬戸大橋(トラス吊橋 橋長:1,400m、塔頂高:149m)
櫃石島橋(トラス斜張橋 橋長:790m、塔頂高:152m)
岩黒島橋(トラス斜張橋 橋長:790m、塔頂高:161m)
与島橋(トラス橋 橋長 850m、)
北備讃瀬戸大橋(トラス吊橋 橋長 1,538m、塔頂高 184m)
南備讃瀬戸大橋(トラス吊橋 橋長 1,648m、塔頂高 194m)

香川県(四国)側

 

撮影日:2017.10

撮影場所:鷲羽山

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA