朝陽:オホーツク海の日の出 別海町

[北海道 別海町]

オーホーツク海で見る太陽は、気温と海水温の温度差によって起こる蜃気楼現象で、光が屈折し太陽の輪郭が変形して見えることがある。 楕円形や台形に変形したりするが、稀にきれいな四角に。変形した太陽に出会えるのは幸運な人だけ。たいていは、霧や雲で隠れてしまったり、快晴過ぎて眩しくて見えないなど、まさに運次第の現象。 気温が急激に下がる10月下旬や、寒さが厳しい2月上旬が比較的現れやすいと言う。

 

【各画像をクリックすると拡大表示します!】

オホーツク海の日の出
オホーツク海の日の出
台形? オホーツク海の日の出
♥型? オホーツク海で見る日の出
オホーツク海の朝陽

 

撮影日:2014.10

撮影場所:別海町海岸

 

《 『夕陽:オホーツク海に沈む不思議な形の太陽 常呂町』 はこちらをクリック!》

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA