夕陽:オホーツク海に沈む不思議な形の太陽 常呂町

[ 北海道 北見市常呂町常呂 ]

オホーツク海に面する北見市常呂郡佐呂間町の常呂川河口の近くの海岸で見る夕陽は、オホーツク海の水平線まで沈むところまではなかなかお目にかかることが出来ない。たいていは、水平線より上の雲の中に隠れてしまう。稀に気象条件がいい時に、水平線に沈む夕陽を眺めることが出来る。

 

【画像をクリックするとポップアップして拡大表示】

サロマで見る夕焼け 2013.06

 

台形に見える 夕陽 オホーツク海

 

変形した夕陽 オホーツク海

 

変形していく変形した夕陽 オホーツク海

 

オホーツク海に沈む 夕陽 2011.06常呂町

 

その時、大気の影響なのか不思議な形に変形して見えることがある。

実際の肉眼では、かなり遠目で小さく見える。
普通のレンズ目一杯に望遠をかけトリミングしているので、写真はボケ、滲みが出ています。

 

さらに不思議でしょうがないのが、地図で見ると海岸線は北西に伸びていて、どう見ても夕陽が見える場所ではない?

 

無料の駐車場があり、砂浜に直結。

 

撮影日:2006.06 〜 2013.06

撮影場所:常呂町駐車場下の砂浜

 

 

《 朝陽:オホーツク海の日の出 別海町 』  はこちらをクリック!》

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA